【ココロノマルシェ】転職の選び方!我慢して頑張りすぎてしまう方へ♡

こんにちは。

全部マルカウンセラーのまりりんです。

今日はココロノマルシェに寄せられた、お悩み相談にお答えしたいと思います。

ココロノマルシェは、根本裕幸師匠のお弟子たちが、お悩みにお答えする掲示板です。↓↓
オンライン無料相談『ココロノマルシェ』

「前の会社でのトラウマと転職について」

マコトさんからです。

初めまして。転職での仕事選びや前職のトラウマについて悩んでおり、ご相談です。

今年3月に、新卒で入社し約15年弱勤めた会社を退職しました。
好きなことを仕事にし、終電(日によってはもっと)まで働くのが当たり前な完全に仕事中心の働き方をしてきました。

世間でも名の通った業界内大手の会社でしたが、いわゆるブラック企業でコンプライアンスにも問題があり、上司からのパワハラ・モラハラ(時にセクハラ)、同じ部署のモンスター社員の先輩からの10年以上に亘る日常的な嫌味・嫌がらせ・仕事の押し付け、膨大な業務量での長時間労働、社員同士の悪口や不平不満が蔓延している人間関係、管理部門への理解がない社風(私は管理部門です)、とかなり過酷だったと思います。
愚痴を聞いた友人の感想や、同業界からの転職組や同業他社の方の会社に対する感じ方を聞いても、組織体制の問題や人のクセもかなり強い会社のようです。

他人をかえりみない人が多かったり体育会系気質の社風も合わず、好きなものに係れるモチベーションだけでなんとかやってきましたが、数年前に会社に対する信頼がぷつりと切れる出来事があり、他の要素も重なって一時期メンタルクリニックにも通いました。
なんとか持ち堪えたものの(但しモチベーションは激減)、約1年前に完全に見切りがつく出来事があり、転職活動を始めました。
しかし、今年初めについに会社に行けなくなり、かなり引き留められましたが、精神的にも身体もボロボロになって次も決まらないまま退職という情けない辞め方になりました。

退職してから約半年、マイペースに転職活動をしていますが、コロナの影響や、前職が専門性が高く潰しがききづらい職種のため、なかなか難航しています。
そのような中でも、知人の紹介で受け、選考も進み内定が見えていた同業他社の会社があったのですが、つい先日選考を辞退しました。
給与も悪くなく、数年前の自分だったら行ったであろう魅力的な会社でしたが、前職同様ワークライフバランスが全くとれなさそうな点、前職の経験の延長に近く、その会社で働いている自分を想像した時、他のスタッフの方と同じ温度感で生き生きと働けている気がしなかったためです。
そこで、好きなものは好きなままではあるものの、前のように頑張れる情熱がなくなっていまだに精神的に疲弊している自分に気づきました。

退職後半年経ちましたが、先日元上司からメールがきて名前を見ただけで嫌な記憶がフラッシュバックして忌々しい気持ちになったり、昔は良く一緒に飲みに行っていて仲が良かったような人に対してさえ心理的な距離感ができたりと、トラウマが根深いのを感じています。。
「違う業界で色々な新しいことに触れ価値観を広げたい、新しいスキルを身に付けたい」
という想いがありますが、今後のキャリアを見据えた上での本音でもありつつ、単に前職のトラウマから、前職に似た要素を極力避けたいがための言い訳・逃げのような気もします。

トラウマを克服するには、会社が違えば色々違うので、荒療治的にあえて似たような業界内の会社で似たような仕事をする中で前職との違いを見つけながら仕事をするのと、
今の「違う業界という新しい環境で新しいことを経験した方が前向きになれそうな気がする」という感覚に従うのと、どちらが良いのでしょうか。

想定される転職先は、何かしらの形で前職と取引があると思われるため、前職の人とやりとりが発生したり会った時に、愛想良くとまではいかずとも、普通に接することができるようにもなりたいです。

大変長文で申し訳ありません。

 

マコトさん、お悩み相談ありがとうございます。

15年お勤めした会社、文章からもだいぶブラックな感じが伝わってきました。
よく耐えてこられましたね~、しかも15年という長い間。本当、ご苦労様でございます。

私だったら絶対に無理なので(;^ω^)尊敬の念を抱くと共に…、ちょっとお聞きしたいのですが、
どうしてそんなに頑張れたのですか?

好きなものに係れるモチベーションとありますが、それだけやりたい仕事、やりがいのある業務、好きなことだったのでしょうか?
新卒から入社ということで、なんやかんやそれが「当たり前」だと感じ、頑張ってきたのでしょうか?
それとももしかして、私にはこれしかない!とか、再就職は難しいとか、努力を無駄にしたくないとか、逃げたくないなど、何か「恐れ」などがあって、辞められなかったのでしょうか?

いずれにせよ、長時間労働(終電が当たり前)、パワハラ、モラハラ、時にセクハラ、嫌がらせ、膨大の業務量…、こんな状況の中15年も耐えてこれたことは、誇りに思っていただきたいです。
それは、絶対に誰にでもできることではありません!(多くの人ができないと思います)

だから、

>今年初めについに会社に行けなくなり、かなり引き留められましたが、精神的にも身体もボロボロになって次も決まらないまま退職という情けない辞め方になりました。

そんな、情けない辞め方だなんて言わないでください~!!!!!(>_<)
充分すぎるほど、頑張ってきたのですから、たくさんご自身のことを褒めて、認めてあげてほしいと思います。

私は、新しいお仕事が決まる前に辞められたこと、とてもよかったと思いますよ。
そのおかげでゆっくりする時間がもてていると思いますし、ご自身と向き合ったり、転職についてもよく考えることができますもんね。

マイペースに転職活動中ということですが、精神やお身体の方はよくなってきましたか?
順調に回復されているといいなと思います。

>「違う業界で色々な新しいことに触れ価値観を広げたい、新しいスキルを身に付けたい」
という想いがありますが、今後のキャリアを見据えた上での本音でもありつつ、単に前職のトラウマから、前職に似た要素を極力避けたいがための言い訳・逃げのような気もします。

コレ、逃げじゃないと思いますし、例え言い訳や逃げだとしてもいいと思いますよ(*´▽`*)b
こういった葛藤があるマコトさんに是非読んでいただきたい本があります!

マコトさんのご相談文を拝見して、真っ先に『逃げる技術』という本をおすすめしたいと強く感じました!

『逃げる技術』は、最近根本師匠が書いた本なのですが、マコトさんのように限界まで我慢して頑張ってしまう方に向けて書かれた本でして、
きっとこれを読むと、新しい自分、本当のマコトさんらしい生き方が見つけられるのではないかな~と思います。

本のご紹介記事を書いてますので良かったらご覧くださいませ。↓↓

「『逃げる技術』の感想文♡」

で、本題ですね、

>トラウマを克服するには、会社が違えば色々違うので、荒療治的にあえて似たような業界内の会社で似たような仕事をする中で前職との違いを見つけながら仕事をするのと、
今の「違う業界という新しい環境で新しいことを経験した方が前向きになれそうな気がする」という感覚に従うのと、どちらが良いのでしょうか。

これは、どちらが良いと私からいえることではなく、マコトさんが本心で決めることが一番いいのですが、
文章からすると、「前向きになれそうな気がする」と書いてある方を選ばれるのがいいのでは?と思います。
これが「心の声」だと思ったからです。

選び方として、

私たちには、「頭の声」と「心の声」があるのですが、

頭の声(思考・理性)ではなく、心の声(感情・気持ち)で選ばれるのがいいです。

頭の声(思考・理性)は、「○○した方が良いんじゃない?」とか、「でも好きなことは○○かなぁ?」とか、ぐるぐる考えていると思います。
で、その時に、純粋に心(感情・気持ち)が惹かれるものを選んだら良いのです(*´▽`*)

補足として、

「トラウマを克服しないとダメだから○○を選ぶ」
「私にはコレしかできないし、仕方ないから○○を選ぶ」
「新しいことをやる自信がないから○○を選ぶ」
「やってきたことを無駄にしないためにも○○を選ぶべき」

など、「恐れや不安」を理由に何かを選択しないことです。

現実は心の中の投影なので、「恐れや不安」がベースにあると、「ほら、やっぱり恐れていたことになったよね」という現実が起きてしまいます。

純粋に心からワクワクすること、好きなこと、やりたいこと、興味があることを選ばれるのがいいです。

それが、マコトさんの心の声、本心だからです。

で、ワクワクすること、好きなこと、やりたいこと、興味があることを選ぶときにも、「でもやっぱり不安」とか、「本当に良いのかな?」とか、「大丈夫かな?」と考えてしまうこともあるかと思います。

こういった場合は、「恐れがないとしたら何を選びたい?」と考えてみるのがおすすめですよ!

思考的な方は、将来とか、リスクとか、いろいろなことを想定して選ぼうとするのですが、そのときネガティブに考えがちなのですね。
それは生存本能で、危険予測して、危険回避していかなければ子孫繁栄できないですから、自然と備わっているのです。

でも、私らしく人生を生きるとか、心地良く充実した人生を生きていくためには、感情・気持ちに従っていく方が上手くいくのです(*´▽`*)

だから、

>知人の紹介で受け、選考も進み内定が見えていた同業他社の会社があったのですが、つい先日選考を辞退しました。

コレ、とてもよかったと思います!
好きなことであっても、コレは気持ちがついていかなかったのですから。
辞退は大正解!そういう心の声を大事にしてくださいね。

マコトさんは、向上心も高く頑張り屋なのが伝わってきますから、何を選んでも、どこででもご活躍できる人だと思います。

その調子でゆっくり、マイペースをおすすめします♡

>昔は良く一緒に飲みに行っていて仲が良かったような人に対してさえ心理的な距離感ができたりと、トラウマが根深いのを感じています。。

わぁ〜(T_T)それは辛いですねぇ。

トラウマに関しては、より自分らしい人生(本心に従った人生)を送っていくことで、ゆっくり自然と癒えていくと思います。
今は、無理にどうこうしようとするよりも、自然に任せ、メールや人付き合いなども、辛いと感じるものから離れ、できるだけ気分がよくなること、
特に五感に心地いいことをおすすめします。

美味しいものを食べる、好きな音楽を聴く、映画を観る、マッサージを受ける、アロマで入浴する、自然を感じるとか。
そうして充分自分を癒して、リラックスしていただきたいです。

あと、少し気になったのは、今まで過酷な環境で頑張ってきたことですが、
精神的にも身体的にも苦しくて、体調まで崩されて、それでも頑張り続けたマコトさんは本当にすごいと思います。

でももし、何か自分を許せないとか、自分を認め切れていないとか、自分の自由を許可していないとか、そういことで頑張り続けてきたのであれば、
「無価値感」や「罪悪感」が潜んでいるのかな?と思いました。

その場合は、もう自分にムチを打たないで、どんどん自分を許し、認め、許可してあげてほしいです♡
自分を認めてあげたり、甘やかすとね、周りからも認められたり、甘~い優しい現実になるのですよ!本当に!!

「不足」ではなく、今まで頑張ってきたこと、それにより得られたもの、自分の成長など、プラスを観ていくことでも「自己肯定」できるようになります。
私のブログでは「自己肯定感」について多く記事を書いていますので、是非ご覧くださいませ♡
マコトさんのような方が、自己肯定感を高めていったら、すっばらしい~人生になると確信しています!

以上、何か参考になれば幸いです。

マコトさんらしい人生、満たされた充実したライフワークが送れることを応援しています♡

心を込めて~まりりんより♡

今日もありがとう♡

カウンセリングメニューは下記画像をポチしてね↓↓

関連記事