ワーク!今満たされない気持ちを抱えている方へ♡

こんにちは。

全部マルカウンセラーのまりりんです。

今日はスープカレーを食べました。美味しかったです♡
はい。

では今日の書きたいこと~!

もしも今、恋愛だったり、仕事だったり、お金だったり、何かに不足感を抱えている場合、
不安感や孤独感、焦りや寂しい気持ちを抱え、何かで満たそう満たそうとしてしまいますが、

そんなときに是非やっていただきたいワークをご紹介いたします。

私たちは心の深いところで、幼少期に満たされなかった「承認欲求」や「安全欲求」などをもっていたりするのですね。
無意識にもち続けているその欲求の影響で、満たされない気持ちや寂しさを抱えているということが少なくありません。

恋愛が上手くいけば満たされる、
仕事が上手くいけば満たされる、
お金があれば満たされる、

と思うかもしれませんが、根本的な原因はソレではないことが多いです。
なので、上手くいったひと時は満たされたような気持ちになるのですが、またすぐに別のことに不足感を抱えてしまうのです。

これからご紹介するワークをしていただくことで、根本的な原因である幼少期に満たされなかった「承認欲求」や「安全欲求」などに気づき、癒すことができます。
心の深いところにある想いを自分で満たすことで、満たされた現実を引き寄せていけますので是非やってみてください♡

【幼少期の満たされなかった想いを癒すワーク】

①幼少期~13歳位までの両親との関係で傷ついた経験をリストアップする!
・言われて傷ついたことや、嫌だった扱いなどを書く!

②当時の傷ついたときに戻り、両親への手紙を書く!(実際には出さない手紙です)
・怒りや悲しかったこと、わかってほしかったことなどを書く!
・できるだけ感情を感じながら書く!
※怒りを出したり、涙を流したりすることで塞き止められていた感情を開放し癒すことができます。

このワークをしていただくことで、様々の想いに気づくと思います。

例えば、

私はみんなと仲良くしたかったんだ
私は素直に甘えたかったんだ
私は両親を助けたかったんだ
私は褒めてもらいたかったんだ
私は認めてもらいたかったんだ
私はわかってもらいたかったんだ
私は大切にされたかったんだ

など。

このような想いがあったなら、今までずっと、

私はみんなと仲良くできない
私は素直に甘えられない
私は両親を助けられない
私は褒めてもらえない
私は認めてもらえない
私はわかってもらえない
私は大切にされない

このような「思い込み」を心の奥にもっているわけです。
これはとても辛いことでしたよね。

で、この「思い込み」って侮れないのですよ!!
私たちの心の奥にある「思い込み」は、そういう現実を引き寄せてしまうのですね。
「ほら、やっぱりね」と思うような現実を。

心理学では「現実は心の中の投影」といわれていますが、こういうことなんです。
例えば、「大切にされない」という「思い込み」があった場合、いつも大切にされない現実を引き寄せます。
(大切にしてくれない人をパートナーに選ぶとか)

でもこれは間違った「思い込み」です。

「思い込み」を手放し、もう楽になってください。
自分を許し、自分に許可をしてあげてください。

私はもうみんなと仲良くできるし、仲良くしていい
私はもう素直に甘えられるし、甘えていい
私は両親を助けられなかったわけじゃないし、もう助けなくてもいい
私はもう褒めてもらえるし、褒めてもらっていい
私はもう認めてもらえるし、認めてもらっていい
私はもうわかってもらえるし、わかってもらっていい
私は大切にされるし、大切にされていい

こう思えるように、何度でもワークをして、心の深いところの感情を感じ、自分に寄り添い味方でいてください。
「思い込み」が変わると、現実は変わります♡

心がほっこり癒されますように。温かく満たされますように♡

今日もありがとう~♡

カウンセリングメニュー・詳細はこちら↓
カウンセリングメニュー

カウンセリング予約はこちら↓
予約する

関連記事