自己犠牲!人のために頑張って疲弊してしまう方へ♡

こんにちは。

全部マルカウンセラーのまりりんです。

GoToトラベル、12/28~1/11全国的に停止になり、年末年始は自粛モードですね。
「年始に沖縄に行こう~」と思った矢先の停止でしたが、GoToは6月頃まで続行するようなのでお楽しみにとっておこうと思います♡

自粛を呼びかけたり、旅行や飲食を促進したりという不思議な状況ですが…、白黒はっきりさせないグレーが得意な日本ならではだと思います。
何が正しい、何が正解なんて人それぞれの立場でも変わりますから、互いを尊重し思いやりながら自分軸で行動したいですね。

では今日の書きたいこと~!

自分の方が大変な状況なのに、人から頼られることが多い、
他の人は楽をしているのに、自分ばかり仕事量が増える、
人のために頑張るが感謝されない、評価されない、

など、自分ばかりが人のために動き、疲弊してしまう人はいませんか?

周りを見れて気遣える人、仕事ができて気が利く人、人を思いやれる優しい人、先を読んで行動できる人、
こういった「できる人」の方が、それゆえにいつも損な役回りとなってしまうことがあります。

こうなってしまうのは「人のために」がモチベーションなので素晴らしいことですが、バランスが大事です。

人の目が気になり、いい人になってしまう、
和を乱すより、自分が我慢をしたほうがいい、
人を気にして、自分の意見を伝えるのが苦手、

このように、自分のことは後回しにして、いつも「人のために」としている状態では「他人軸」になってしまいます。
他人軸は、自己犠牲的になってしまい損な役回りになりやすいです。

自己犠牲は、根底に「無力感」「無価値感」「罪悪感」があり、人間関係のパワーバランスが弱くなってしまうので、報われない状況になりやすいのです。

「私が頑張らなければ」
「私は我慢をしなければ」

このような思い込みを潜在的(無意識)にもってしまうので、いつも大変な状況を自ら創り出してしまうようになるのです。
(現実は心の中が投影されているから)

なので、「自分軸」になり、自分のことを大事にしていく必要があります。
遠慮がちなところがあるので、自分の気持ちや意見を伝えていく必要もあります。

でもそもそも、なぜ

「私が頑張らなければ」
「私は我慢をしなければ」

と思い込んでしまっているか?なんですが、これは幼少期から13歳くらいまでの経験で勘違いして思い込んでしまった可能性があります。

例えば、

兄弟の一番上であったため、姉として頑張らなければいけなかった。
気が利くお姉ちゃん、優しいお姉ちゃん、いい子のお姉ちゃんであることで、親からの愛情を受け取ろうとしてきた。

問題を抱えた両親や、嫁姑問題を抱えた母や、頼りない母を支えるために頑張ってきた。
親の愚痴を聴いてあげて、役に立ちたかったけど助けられなかった(親の状態は変わらなかった)と思い込んでいる。

過干渉や、いつも忙しそうな両親であったため、いい子でいることで愛されようとしてきた。
親の前で子どもらしく甘えられず、手の掛からない優等生でいることで認めてもらおうとしてきた。

などなど、他にもいろいろなパターンがありますが、我慢したり頑張ることで愛されようとしてきた結果、無意識に、

「私が頑張らなければ愛されない」
「私は我慢をしなければ愛されない」

と思い込んでいます。
そして同時に、「充分に愛され安全だ」という感覚を得られなかった想いが、「無力感」「無価値感」「罪悪感」となり、自己犠牲的な生き方をしてしまうのですね。

自分を認めることができないので、他人を気にして「他人軸」になってしまったり、
自分に自信をもてないので、「自己否定感」をもってしまうのです。

でも、自己犠牲的に生きてしまう人というのは、先にお伝えしたように、周りを見れて気遣える人、仕事ができて気が利く人、人を思いやれる優しい人、先を読んで行動できる人なんですね。

こんなに素晴らしい魅力・価値・才能がある人なんです。
まずはそこに気がついてほしいですね。

過去の経験でもった思い込みは、間違いだと気づいてください!!

もう頑張らなくていいし、我慢しなくていいのです!!

今まで人のために頑張り続けてきた、あなた自身を受け入れ認めてあげてください。
寄り添い味方になってあげてください。

これが自分を愛することであり、自己肯定感です♡

長年、人のために生きてきたので「他人軸」から「自分軸」へ移行するのは難しいかもしれませんが、まずはノートなどに自分の気持ちを書くようにしてみてください。

ポイントは主語は「私」で書きます。

例えば、

「私は、本当は断りたかった」
「私は、○○だと嬉しかった」
「私は、感謝されたかった」
「私は、これは嫌だった」
「私は、○○だと思った」

など、その日の出来事について、自分の気持ちや意見を書いていくのです。
コレ、自分のことを大事にしていく習慣で「自分軸」になっていくのです。

こうしていくうちに、自分の気持ちや意見を伝えていけるようになると思います。
「他人軸」の人は、人に伝えることが苦手だったりしますが、伝えていくことは大事です。

自己肯定感と自分軸をもてるようになると、自然に伝えていけるようにもなると思いますので焦らずで大丈夫です。
また、自己肯定感を高めていくと、周りも変化して、今より生きやすい現実となります。
(現実は心の中が投影されているから)

最近不満が多いな、イライラするな、余裕がないなと感じる人も「自己犠牲」や「他人軸」になっている可能性がありますから参考にしてみてください♡

今日もありがとう~♡

カウンセリングメニュー・詳細はこちら↓
カウンセリングメニュー

カウンセリング予約はこちら↓
予約する

関連記事