【ココロノマルシェ】自己肯定感が低くて人と比べてしまう(>_<)

こんにちは。

自己肯定感カウンセラーまりです。

今日はココロノマルシェに寄せられた、お悩み相談にお答えしたいと思います。

ココロノマルシェは、根本裕幸師匠のお弟子たちが、お悩みにお答えする掲示板です。↓↓
オンライン無料相談『ココロノマルシェ』

「他者と比べるのをやめたい」

うみうしさんからです。

私は自己肯定感が低いです。
何かにつけて人と自分を比べた考え方をしていることに気づきました。
「人は人、自分は自分」「自分と他人は違うんだから比べても意味がない」
どれだけ頭でわかっていても、癖のように考えてしまいます。
そんな考え方につかれました。自分で自分を愛して余裕のある人間になりたいです。
そのために、私の環境や状況をどのようにとらえたらいいのか、どのように考えたらいいのか、ヒントをいただきたいです。

<私の環境、状況>———-

「明日世界が滅びるとして、最後の時間を共に過ごす相手に私を選んでくれる人はいないだろう」
こんな考え方をよくします。要するに私は誰にとっての特別でもない、と思っています。
この「誰」の中に両親は含みません。
両親からの絶対的な愛情を私は確信しています。
ですが、親から愛情を注がれることは当たり前だとも思っています。
そうでない方がいらっしゃることは十分承知していますが、「私」には当たり前なのです。
なので、それ以外の誰かの特別になりたい。なれていない自分は空しい。そう感じています。

この感情に気づいたきっかけは、ある憧れの人への執着でした。
その方は前述の「明日世界が~」という私の嘆きに対して「俺の世界には必要だけどな、〇〇という存在が」と言ってくれた人でした。
今にして思えばその言葉に救われたと同時に「この人なら受け入れてくれるかも」という勝手な期待を抱いたのかもしれません。

その方と2人きりで話したり遊んだりできる時間が私には特別でうれしいものでした。
ただその方には、私より親しい人、懇意にしている人、付き合いの長い人がたくさんいます。
なので2人きり以外の場面では彼はほかの人と楽しそうに話しているし、行動を共にします。
そういうのを見て
「あの人には話しかけるのに何で私には話しかけてくれないの?」
「私にはこんな雑な対応するのに、あの人にはとても丁寧。大切にしてる」
そんなことばっかりです。
その方にも当然関わる相手を選ぶ権利があるし好みもある。
それは分かっているのにどうしても比べてしまうし、見えている「特別」になれていない自分がとても悔しい。
考え方は分かっているのに心に落とし込めていない、この状況が苦しいです。

また、自己肯定感が低い人は幼少期の環境に原因がある、というお話をよく見かけたので、自分の幼少期について考え分析してみました。
母が言うには、弟が生まれたころにいわゆる赤ちゃん返りをしたということでした。
全く自覚はないのですが、「母親を取られた」という気持ちが私に起こったのかもしれません。

小学生の頃は自分について回る弟を疎ましく感じていた部分がありました。
あまり努力しなくてもそれなりの結果が出せる私に対して、弟は小さいころあまり出来が良くありませんでした。
また、何かと家族に心配や迷惑をかけることがあり、私にとっては「信じられない」「なんでそうできる?」ということも多々ありました。

そんな弟も今では二児の父。初孫を前に両親はデレデレです。
さんざん迷惑をかけてきた弟が何のお咎めもなしで、今では一人前面しているのがどうにも受け入れきれないのです。
両親の中で子供は平等です。ですがその平等が納得できないと、心のどこかで思ってしまう。

<お聞きしたいこと>———-
自己肯定感が低いという一方で、私は弟に比べて自分のほうが優れていると考えている部分があります。
前述の憧れの方に対しても「あの人より私のほうが美人なのに」「あの人より私のほうがスタイルがいいのに」と、心のどこかで思っています。
やはり誰かと自分を比較しているのですが、比較したうえに相手を見下している節もあり、自己肯定感が高いのか低いのか自分がわからなくなってしまいました。

こういう悩みを抱えている時、「どういう考え方をしたらいいか」という論理?は理解しているつもりです。
ですがどうしてもそれを自分に浸透させることができない。
どうしたらそう言った考え方を身につけることができるのでしょうか。

長文になり、要点もうまく伝えられたかわかりませんが、アドバイスいただけますと幸いです。

 

うみうしさん、お悩み相談ありがとうございます。
これまでの状況が伝わってきましたし、ご自身をよく分析されていてわかりやすい文章でしたよ(*^-^*)

「自己肯定感の低さ」と「人と比べてしまう」こと、頭ではわかっているのに変えられないのは辛いですよね(>_<)

><お聞きしたいこと>———-
自己肯定感が低いという一方で、私は弟に比べて自分のほうが優れていると考えている部分があります。
前述の憧れの方に対しても「あの人より私のほうが美人なのに」「あの人より私のほうがスタイルがいいのに」と、心のどこかで思っています。
やはり誰かと自分を比較しているのですが、比較したうえに相手を見下している節もあり、自己肯定感が高いのか低いのか自分がわからなくなってしまいました。

確かに「自己肯定感が低いのに相手を見下しているって何?」と感じてしまうかもしれないですね。
でも「自己肯定感」とは、いい自分もダメな自分も受け入れられている状態なのですね。
だから自己肯定感が高い人は、例え人より優れていなくても、人より美人でなくても、人よりスタイルがよくなくても、自分を肯定できているので「あの人より私のほうが〇〇なのに」という思考にはならないのです。
また自己肯定感が高い人は「私は私、人は人」と自分軸の状態でいられます。
つまり、自己肯定感が低いからこそ人と比べて「あの人より私のほうが〇〇なのに」と思ってしまうのです。

うみうしさんのご相談文を読みながら、なぜ自己肯定感が低いのかな~?と考えてみました。

>両親からの絶対的な愛情を私は確信しています。
ですが、親から愛情を注がれることは当たり前だとも思っています。

ということで、うみうしさんは当たり前だと思えるほどご両親からの愛情を受けてこられたのだと思います。
幼少期に親からの愛情を十分に受けて育つと、安心して自己の存在を認め「自己肯定感」をもって生きていけます。
それは「安全欲求」と「承認欲求」が満たされている状態だからです。

でもうみうしさんの場合は、もしかしたら弟さんの存在で「安全欲求」や「承認欲求」を満たせなくなってしまったのかなぁと思いました。
例えば、
弟さんが生まれるとき、産院に入院するためお母さんと離れていた期間が寂しかったとか、
弟さんが生まれてから、公園やお出かけなどにあまり行けなくなり我慢していたとか、
いつも親を独占できていたのに、弟さんのお世話中は大人しく待っていないといけなかったなど。

いつも自分が中心・優先で回っていた世界だったのに、弟さんが生まれたことによって変わってしまったことがあったと思うのですね。
その変化に、子どもの頃のうみうしちゃんは愛情が減ってしまったように感じて寂しかったり、弟さんの存在を気にしながら生きてきたのではないかと思いました。

この経験が「自己肯定感の低さ」や「人と比べてしまう」ことの原因ではないかと思いました。

>母が言うには、弟が生まれたころにいわゆる赤ちゃん返りをしたということでした。
全く自覚はないのですが、「母親を取られた」という気持ちが私に起こったのかもしれません。

そうですね。
自覚がないということですが、幼少期の経験は潜在意識にインストールされやすいのですね。
潜在意識(無意識)は心の奥の部分ですから無自覚ですが、「母親を取られた」という危機感が刷り込まれているように思います。

実際はそんなことはなかったのだと思いますが、子どもの頃の私たちは未熟ですから、勘違いしてそう思い込んでしまうことがあります。

>「人は人、自分は自分」「自分と他人は違うんだから比べても意味がない」
どれだけ頭でわかっていても、癖のように考えてしまいます。

このようになってしまうのは、

顕在意識=頭(思考・理性)
潜在意識=心(感情・気持ち)

なので、

頭:「人は人、自分は自分」「自分と他人は違うんだから比べても意味がない」と考えても、
心:「でも大事な人を取られたくない~(>_<)」と無意識に思っています。

しかも、

顕在意識(5%位)
潜在意識(95%位)

なので、

頭(5人)VS 心(95人)で綱引きしている状態なので、頭(思考・理性)がどんなに頑張っても負けてしまうのですよ。
だから人と比べないようにしようとしても、比べずにはいられないのです。
それだけ「恐れ」が強いということです。

恐れとは「母親を取られた」という思いですね。
幼少期に「自分がダメだから母親を取られたのかも」と勘違いしていたら自己否定感を強くもちますし、愛されようと頑張ってしまうと思います。

「もっとお母さんを独占したい」
「私だけをみてほしい」

子どもらしく甘えたい時代に甘えきることができなかった未完了の気持ちがあるのではないでしょうか?

それに比べて心配や迷惑をかける弟さんは、ある意味子どもらしいですから、ますます疎ましい存在になると思います。

うみうしさんのご相談文からは、弟さんをあまりよく思っていない印象を受けましたし、誰かの「特別」になりたいという思いが強いように感じました。
この辺の気持ちと向き合うためにも、「弟さんへのお恨み言」や「お母さんにしてもらいたかったこと、わかってほしかったこと」などをノートに書いていくのがいいと思います。

未完了の気持ちを吐き出すことと、自分自身の気持ちに気づいてあげることが目的で、心が癒えていきます。
(潜在意識の思い込みが書き換わります)

もしかすると、お恨み言を書くのは気が引けるかもしれませんが、遠慮なく書いていくのがおすすめです。
子どもの頃のうみうしちゃんの気持ちに寄り添って味方になってあげるような気持ちで書いていくと癒えやすいと思います!

私には5歳下の弟がいるのですが、「お母さんを取られた」という思いがはっきりあり「弟が生まれてこなければよかったのに」と当時は平気で言っていました(;^ω^)
疎ましかったので意地悪もたくさんしてしまいました(;^ω^)
だから今は蟠りがなく仲良しなんですけどね。

じゃあお姉ちゃんはみんな、下の兄弟を疎ましく思ったり嫉妬したりするのかといえばそうではないのですが、繊細で感受性が豊かだったり、周りの空気を敏感に察知する能力が高かったり、気質や性格によっても変わりますが、それだけお母さんのことが好きだったということです(*´▽`*)

あとは、自己肯定感を高めることでも、幼少期に傷ついた潜在意識を癒すことができます。
それにはまず、うみうしさんが自分の気持ちをよくわかってあげることです。
幼少期のうみうしちゃんの気持ちや、現在のうみうしさんの気持ちをよく理解して味方になってあげてください。
(どんな気持ちも受け入れ肯定してあげる感じ)

人と比べそうになっても「比べてしまうのは不安だからだよね」と、ちゃんと自分の気持ちを理解して味方になってあげるのです。

>この感情に気づいたきっかけは、ある憧れの人への執着でした。
その方は前述の「明日世界が~」という私の嘆きに対して「俺の世界には必要だけどな、〇〇という存在が」と言ってくれた人でした。
今にして思えばその言葉に救われたと同時に「この人なら受け入れてくれるかも」という勝手な期待を抱いたのかもしれません。

この憧れの人をきっかけに気づいたのですね。
「その言葉に救われた」と書かれていますが、それだけ「救いを求めている」ということをわかってあげてください。
「この人なら受け入れてくれるかも」と思ったのも、「受け入れてもらえなかった」という思いがあることをわかってあげてください。
誰かの「特別」になりたいという思いも、「誰かの特別になれなかった」という思いがあることをわかってあげてください。

誰に受け入れてもらえなかったのでしょうか?
本当は誰の特別になりたかったのでしょうか?

自分の心をよく内観してみてください。
そして説得したり否定することなく「そう思っていたんだね」と優しく受け入れてあげてください。
今まで頑張ってきたことを褒めてあげたり、認めてあげたり、優しい言葉をかけてあげてください(*^-^*)

また、「受け入れてもらえなかった」「誰かの特別になれなかった」という思いがあるということは、

「私は受け入れてもらえない」
「私は特別になれない」

という思い込みを無意識にもっていると考えられます。
それはしんどかったと思います(>_<)

でもその思い込みって本当にそうなんでしょうか?
「両親からの絶対的な愛情を私は確信しています」と言えるうみうしさんですから、本当は受け入れられていたし、特別な存在なはずですよね?(*^-^*)

だから勘違いなのです。
幼いうみうしちゃんが勘違いしてしまったことが潜在意識に入っている(思い込んでいる)状態なんです。
でも自分の気持ちを理解して味方になってあげることで、この思い込みも変わっていきますので安心してくださいね♡
(潜在意識の思い込みが書き換わります)

>こういう悩みを抱えている時、「どういう考え方をしたらいいか」という論理?は理解しているつもりです。
ですがどうしてもそれを自分に浸透させることができない。
どうしたらそう言った考え方を身につけることができるのでしょうか。

これの答えが、これまで説明したことです。
自分に浸透させるのは、潜在意識を書き換えることなんです!

以上、参考になりましたら幸いです。

うみうしさんの心が癒えて、人と比べずにありのままの自分を愛せますように♡
応援しています!
心を込めて♡まりより(*^-^*)

今日もありがとう~♡

カウンセリングメニュー・詳細はこちら↓
カウンセリングメニュー

カウンセリング予約はこちら↓
予約する

関連記事