【ココロノマルシェ】夫のネガティブな言葉に滅入ってしまいます!

こんにちは。

自己肯定感カウンセラーまりです。

今日はココロノマルシェに寄せられた、お悩み相談にお答えしたいと思います。

ココロノマルシェは、根本裕幸師匠のお弟子たちが、お悩みにお答えする掲示板です。↓↓
オンライン無料相談『ココロノマルシェ』

「夫のネガティブな言葉で滅入ってしまいます」

プリンさんからです。

はじめまして。相談させてください。

夫はよく野球を観ながら、好きな球団の選手たちに対して
「情けない」「クソ弱」「打てない◯◯(選手の名前)が出てきた」と暴言を吐きます。
普段、テレビを観ていても
「老けた」「太った」「痩せすぎ、病気じゃないの?」
運転中、マナーが悪かったり下手な運転に
「有り得ねえよ」「危ねーな、死ねば良いのに」
暴言以外にも悲観が多く
「ツイてねーな」「(お金がなくて)生活できねーよ」「日本も終わりだよ」「最悪だよ」

以前、運転中の暴言をやめてほしいと告げたところ
言うことで発散してるんだから、言わなくなったらストレス溜まっちゃうよ
と言われたため、そんなにストレスが溜まっている彼の気持ちに寄り添おう、と思い
それからは、そうだね、本当だね、と共感したり
気にしない、平気になろうとしてみたり
本当酷いね!と一緒に怒ったりするようにしました。

ですが最近、やはりそういう発言が多いのが気になるようになってきてしまって。
特に野球の時間が苦痛で、今は野球の時のみ、ネガティブ発言は無視、打った時等はやったね!嬉しいね!と喜ぶ、またはなるべく野球中は他の部屋に行ったりしています。
勝った時でさえ、私が良かったねー!と言うと、良い勝ち方じゃなかったけどねーとマイナス面を言われたことにとても嫌気が差しました。

別の部屋に行っていると一緒にいる時よりは黙って観ているのですが、駄目だー!と叫んだりします。

夫に気分良くいてほしいし、私も気分良くいたいので、日頃から感謝を伝えたり前向きに捉えた発言をしたり、嬉しい楽しいを伝えたりしています。それでも毎日しんどそうなのが悲しくなります。

仕事を毎日頑張り、家事も私以上にやってくれます。外食にも良く連れていってくれて、とても気を遣ってくれたり心配してくれたり凄く優しいです。向上心もあり、凄く前向きだなと思える発言をすることもあります。

野球も付き合い初期の頃、暴言を吐く観客に対して、選手が調子悪くなるとああやって好き勝手言うんだよ、酷い話だよね、と自ら言っていました。

自分に自信がないからなのか、親や周りから言われてきたから、その表現方法しか知らないのか
それ以前に、パートナーは鏡と聞きますし、私が今まさに、素晴らしいところがたくさんある夫の、ネガティブ面にフォーカスしてしまっているから、目に付くのか…。

普段、かなり仕事や家事を頑張ってくれて、私の気持ちを理解してくれたりと感謝している夫に、ネガティブ発言をやめてほしいと伝えるのも気が引けますが、伝えようかと考えてはおります。
もしかしたら伝えたら一発解決なのかもしれませんが、なかなか伝えられず、ズルズルしているので相談させて頂きました。

カウンセラーさんならこういった状況の時、どうされますか?
ネガティブな発言をしないでほしいと言うのも、それで夫がストレスを溜めてしまったら嫌だなと…。

伝える、伝えない
伝える、の場合ももし伝えないとしたらこうする、等アドバイスありましたらお聞かせ下さい。

共感する、前向き発言で返す、無視する、気にしなくする、色々試してはみてるのですがどれが良いのかよく分からなくなってしまって。

夫と共に成長し、より良く素敵な夫婦生活を送っていきたいので、よろしくお願い致します。

 

プリンさん、お悩み相談ありがとうございます。

うわぁ~わかるわかる~( *´艸`)と思いっきり共感しております!
というのも、以前お付き合いしていた男性がプリンさんの旦那さまによく似たタイプの男性だったんですよ~!
だから私もネガティブな発言に滅入ってしまう気持ち、すっごく分かります!
「そんなにプンプンしてどんだけストレス溜まっているの?」と心配になったり、「せっかくのいい気分が台無しになるわぁ~」とイラっとしたりもしました。

でも、その頃に心理学を学んでいる最中だったので、学んだことを実践していくと面白いほど彼が変化していきましたYO!
私が変化したということなんですが、彼も思いっきり変わりましたの( *´艸`)

今日はそれをお伝えします!

旦那さまへの対処法、まず最初に一番重要な答えを言っちゃいますと褒めることです!!

もしかしたら「え?それだけ?というか、褒めてるよ!」と思うかもしれませんが、それであれば足りないんです!!
男性は、女性が思っている以上に「褒め」を必要としているのですが、プリンさんの旦那さまのように「イライラ」しやすいタイプの方には尚更「褒め」が必要なんです。

何故かというと、プリンさんが仰っているように「イライラ」しやすい以外は、かなりいい旦那さまですよね?

>仕事を毎日頑張り、家事も私以上にやってくれます。外食にも良く連れていってくれて、とても気を遣ってくれたり心配してくれたり凄く優しいです。向上心もあり、凄く前向きだなと思える発言をすることもあります。

とのことで、そうなんです。
このタイプの男性は、めっちゃ頑張り屋さんで本当は気が利く方だったり、人一倍の努力家で出世して高収入だったり、器用で優秀な方が多いです。
そういう長所があるのですが、このタイプの方は自分を認められない=自己肯定感が低い方が多かったりします。
無意識ですが自分のことを認められなくて頑張るので、ゆえに優秀なんですね。

で、批判などのネガティブな発言は、「俺を認めてくれ」というメッセージなのですよ。
だから普段からたくさん褒めてあげるとネガ発言は減っていきます!
「褒める」とは、なんだか上からのようですが、旦那さまのいいところに目を向け、それをたくさん伝えてあげる感じです。
プリンさんはちゃんと旦那さまの長所やいい部分をたくさん観られているのできっと簡単ですね♡

愛され妻=褒めの達人は、1日に何十個も旦那さまのことを褒めているらしいです(*^-^*)

で、

>夫に気分良くいてほしいし、私も気分良くいたいので、日頃から感謝を伝えたり前向きに捉えた発言をしたり、嬉しい楽しいを伝えたりしています。それでも毎日しんどそうなのが悲しくなります。

日頃から感謝、嬉しい楽しいを伝えているのはとっても素晴らしいですね♡大事なことなので続けてください♡
でも毎日しんどそうなのは心配になりますよね。

>自分に自信がないからなのか、親や周りから言われてきたから、その表現方法しか知らないのか・・・

仰っているように、そう!自分に自信がないのですね。
自分を認められない=自己否定が強いので、ストレスが多いのだと思います。
自己否定は思っている以上に自分にダメージを与えますので。
でもプリンさんがたくさん褒めてあげることで、自信を取り戻せたり、自己肯定感をもてるようになると思います。

そして男性は、「愛している女性を幸せにしたい」と思っていますので、プリンさんが幸せでいることでも旦那さまは自信をもてます。
これは小手先のテクニックではなくて、プリンさんが本当に幸せを感じることが大事なので、ここからはプリンさん自身が自分に向き合っていくことをお伝えします。

>それ以前に、パートナーは鏡と聞きますし、私が今まさに、素晴らしいところがたくさんある夫の、ネガティブ面にフォーカスしてしまっているから、目に付くのか…。

>普段、かなり仕事や家事を頑張ってくれて、私の気持ちを理解してくれたりと感謝している夫に、ネガティブ発言をやめてほしいと伝えるのも気が引けますが、伝えようかと考えてはおります。
もしかしたら伝えたら一発解決なのかもしれませんが、なかなか伝えられず、ズルズルしているので相談させて頂きました。

仰っているように「パートナーは鏡」ですので、プリンさん自身も、自分を認められない=自己肯定感が低い=自己否定が強いということが考えられますがどうでしょうか?

プリンさんは旦那さま思いの優しい女性に感じますが、それゆえ「他人軸」であったり、旦那さまに気を使い過ぎているのかな?と感じたのですね。
確かに、言いにくいことを伝えるのは気が引けるのも分かりますが、自分に自信がないとより「オドオド」してしまうものです。

でもパートナーシップでは、気持ちを素直に伝えるのは大事なことなので、気持ちは伝えていいのですよ!!
その際、「〇〇すべきと思う」「○○ねばならない」「○○では良くない」「○○しないで」などの伝え方は、正論であったとしても敵味方に分かれてしまう伝え方なので争いが生まれがちです。
(これは「気持ち」を伝えていることではない)

「気持ち」を伝えるというのは、「○○と感じて私は悲しい」「○○だと寂しく感じる」「○○が嬉しい」など、感じたことや感情を素直に伝えるのです。
(感情的にいうのではなく、伝える)

で、ネガティブな部分にフォーカスしてしまうというのは、気になっていることだから自然なことだとも思うのですが、「他人軸」になると相手に振り回されるので、より相手のことが気になったり、自分に自信がもてないと相手に完璧を求めてしまうということがあります。

でも自分に自信をもてたら、ゆったりと余裕があるので、旦那さまの言動に振り回されなくなります。
なので、プリンさん自身「自己肯定感を高めること」「自分軸をもつこと」が大切になってきます。
そうすると、旦那さまからの愛情をもっと受け取れるようにもなりますし、プリンさんがもっと幸せを感じることができるようにもなります。

で、

>ストレスが溜まっている彼の気持ちに寄り添おう、と思いそれからは、そうだね、本当だね、と共感したり 気にしない、平気になろうとしてみたり
本当酷いね!と一緒に怒ったりするようにしました。

>今は野球の時のみ、ネガティブ発言は無視、打った時等はやったね!嬉しいね!と喜ぶ、またはなるべく野球中は他の部屋に行ったりしています。
勝った時でさえ、私が良かったねー!と言うと、良い勝ち方じゃなかったけどねーとマイナス面を言われたことにとても嫌気が差しました。

これ、女性は「分かってほしい」という気持ちが強いので「共感」してもらえると信頼感が増したり嬉しかったりするのですが、男性は「共感」はそんなに求めてないのですね。
そんなことより「褒められる」ことが大好物なのです!!
無理に合わせようとすると「他人軸」にもなってしまいますので、他の部屋に行ってしまうのいいと思います!そこで「自分軸」を意識しながらいい気分で過ごされるのがおすすめです(*´▽`*)

「私は私」
「彼は彼」

ちゃんと境界線を引いていれば、考えが違うことも受け入れられるようにもなり、振り回されないです。
「あぁ旦那さんはそう思うんだなぁ~」とそのままを受け入れられます。

そのままを受け入れるとは「愛」でもあるのですね。
プリンさんも自分のダメなところも全部受け入れてもらえたら嬉しくないですか?
自分を受け入れてくれた人のことはずっと大事にしたいですよね?

旦那さまのネガティブな発言を我慢してということではないですよ!
嫌だと感じるプリンさんの気持ちは伝えていいのです。
でも「自分軸」でいられることで振り回されなくなるので、そこまで嫌だと思わなくなるということもあるのです。
そうなると相手に変わってもらいたいとか、コントロールしようという気持ちもなくなるので「愛」が循環するのです♡

それから「自己肯定感を高めていくこと」で、プリンさん自身の気持ちを大事にできるようになります。
また、自分をいい気分にしたり、自分の機嫌を取るのが上手になりますので、旦那さまの「イライラ波動」には引き込まれなくなります。
そうなってくると不思議な話、旦那さまがあまり「イライラ」しなくなるという現象が起こってきます(*^-^*)

これは波動の法則で、「イライラ波動」と「オドオド波動」はよく引き合うのですが、プリンさんが「オドオド」せずに「イライラ」に引き込まれずに「ルーン♪」といい気分でいると、旦那さまは「イライラ」していられなくなるということなんです。

不思議ですよね(*^-^*)でも本当にそうなんです。

最後の質問でまとめますね!

>カウンセラーさんならこういった状況の時、どうされますか?
ネガティブな発言をしないでほしいと言うのも、それで夫がストレスを溜めてしまったら嫌だなと…。

「○○しないで」ではなく、「○○と感じちゃうの…」のように、気もちを伝えるコミュニケーションを心掛けてみてください♡

>共感する、前向き発言で返す、無視する、気にしなくする、色々試してはみてるのですがどれが良いのかよく分からなくなってしまって。

無理に「共感」する必要はないです。それよりなにより「褒めること」です!!
気にしなくするには、「自己肯定感を高めること」「自分軸をもつこと」です!!

旦那さまを褒めまくること
自己肯定感を高めること
自分軸をもつこと

この3点を意識してみてください♡

自己肯定感の高め方は、私のブログで【自己肯定感】のカテゴリーがありますので、是非ご覧ください♡

以上、参考になりましたら幸いです。

旦那さまとますます仲良しで幸せいっぱいの毎日を応援しています!
心を込めて~まりより(*^-^*)

カウンセリングメニュー・詳細はこちら↓
カウンセリングメニュー

カウンセリング予約はこちら↓
予約する

関連記事